自家用電気工作物の設置者に係る責任を全てビル管理会社等に任せる場合

 

 電気事業法に基づき自家用電気工作物(事業用電気工作物の一部)を設置する方(設置者)は、電気主任技術者 の選任・届出や保安規程の作成・届出・遵守等の義務を負うことなっております。(法体系)

 ただし、設置者と受託者(ビルメンテナンス会社等)との間で、当該自家用電気工作物の設置者のすべての義務を果たす旨の契約書が締結している場合は、受託者(ビルメンテナンス会社等)を設置者とみなします。

 この場合、設置者とみなす受託者(ビルメンテナンス会社等)は、受託者の社員から電気主任技術者を選任・届出し、保安規程を作成・届出・遵守することとなります。

 【主任技術者の選任の手続き】主任技術者の選任又は解任届出書に契約書の写しを添付してください。

 契約書には主任技術者制度の解釈及び運用(内規)の1.(1)A及び(2)に定めた事項が記載されている必要があります。覚書に記載している場合には、契約書に加え覚書も添付してください。

         【その他の手続き】